スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりつつある相鉄沿線

先週の4日連続更新から1週間近く経ってしまいました。チョッとガス欠気味なこの頃です。
さて、次のネタは・・・と考えたのですが
前回、相鉄羽沢連絡線の工事が進行している事に少し触れました。


これは、西谷から東海道貨物線横浜羽沢間約2.7kmの連絡線を建設しJRと相鉄の直通運転を行うものです。
「神奈川東部方面線計画」として古くは1960年代まで遡る計画で、初めは二俣川-鶴ヶ峰-新横浜-大倉山というルートで東急・相鉄を連絡させるものだったようです。
二俣川の横浜方引き上げ線もこの東部方面線の分岐になるはずだったもののようですね。

2010年に相鉄・JR連絡線の都市計画が決定し、2015年完成を目指すとの事。羽沢-日吉間の相鉄・東急連絡線は現在行政手続き中ですが、2019年の完成を目指しているそうです。

さて、そんな工事が始まり変わりつつある西谷周辺、ホームは待避線が撤去されそれに伴うダイヤ改正も行われます。
線路沿いにも櫓が組まれ、相鉄沿線では有名だった西谷-鶴ヶ峰間のポイントも撮影が難しくなりつつあります。

今回は、その西谷-鶴ヶ峰間で撮影した相鉄の写真をアップしてみました。

2009年と2010年に撮影していますが、最初は2009年分からDSC_0367_convert_20120417201710.jpg
まずは、もう見られない旧カラーの10000系 各停横浜行き
デビュー当初に10000系、11000系に乗車する機会がありましたが初めて乗った!!という感慨は沸いてきませんでしたねー。
既視感、デジャヴというか・・・JRのコピーですから当然なんですけどね!!

お次は・・・
DSC_0377_convert_20120417201808.jpg 
新7000系急行横浜行き 奥に9000系の姿が見えますね!
10両編成中2両のセミクロスシート車を組み込んだのは新7000系が最初でした。

DSC_0387_convert_20120417202659.jpg 
こちらは、当時引退直前の5000系各停横浜行き 

モノコックボディで1955年に登場し、20mアルミ車体に更新、抵抗制御からVVVF制御へ換装、それに伴い
オールM編成から、5M5T編成に・・・と、数多の変遷を遂げた5000系。
通勤型電車で日本初のパワーウィンドウを採用した電車でもありますね。
デビューから引退までの54年間の歴史でデビュー当時の機器で最後まで残っていたのはマスコンのみだった
なんて話を聞いたことがあります。真偽のほどは不明ですが・・・。

西谷駅の改良工事完成後は二俣川寄りに引き上げ線が設けられるそうなのでこの撮影ポイントの背後辺りまで線路が敷かれるかもしれません。

今度は、鶴ヶ峰側で撮影です。
DSC_0288_convert_20120417201345.jpg 
また、旧カラーの10000系
この辺りの築堤にはもう櫓が組まれています。

DSC_0331_convert_20120417201455.jpg 
7000系各停大和行き 

DSC_0410_convert_20120417202812.jpg 
これは横浜開港150周年記念で走った「走れ!みんなの横浜号」


DSC_0427_convert_20120417202929.jpg 
今度はフツーの新7000系快速湘南台行き
フツーと書きましたが、形式が7050番台なのでこれは4M6TのVVVF制御編成ですね。

DSC_0446_convert_20120417203016.jpg 
当時、新カラーに変更の真っ最中だった10000系

DSC_0461_convert_20120417203103.jpg 
横浜から折り返してきた5000系各停大和行き 
皆様は7000系との区別がつきますか?つきますよね!

今度は2010年です。
DSC_0907_convert_20120417203141.jpg 
背後を東海道新幹線が通過しています。側面の形状から先日引退した300系と思われます。

DSC_1430_convert_20120417203214.jpg 
新塗装化された新7000系急行横浜行き
これは6M4Tの抵抗制御編成、中間の電動車全てにパンタグラフが搭載されているので都合6基あります。

DSC_1471_convert_20120417203249.jpg 
この日の目的はコレ!!7000系10両編成の急行を撮影すること。
今はもう見られないM´Mcユニット車を連結した10連 急行横浜行き

DSC_1530_convert_20120417203339.jpg
こちらは、後部の8連のパンタグラフがシングルアームになっています。

今後予定通りに工事が進めば、10年と経ずに神奈川県央部から東京都心を結ぶ新たなルートが完成します。
鶴見手前から、相鉄車が姿を現して・・・ん?よく考えてみたら、線路が少し離れているけど武蔵小杉ではJR・東急のどちらにも相鉄の電車が乗り入れる可能性があるということですよね!

今年度は東京メトロ副都心線を介しての東急(横浜高速)・東武・西武の相互直通がいよいよ開通します。
将来、東急・メトロ・東武・西武・東京都・埼玉高速・相鉄の7者8路線の電車が一同に会す日が来るかもしれません!

そんな事を想像しながら今回はこれにて!
それでは!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。