離れ小島

ここ数日、パソコンの調子が芳しくありません・・・6年目に突入するのでいよいよ寿命かなと思いつつも買い換える余裕は無いし(涙)

外付けHDDを突然認識しなくなってしまったのがイタイ!!
でも、外付けHDDの方の不調だと更にイタイなぁ・・・データが・・・もう、弱り目に祟り目とは正にこのこと!!!


泣き言はこのくらいにして、
今回は、先日出かけて、まだHDDにデータを移していなかった西武多摩川線を訪れた模様をアップしたいと思います。

新宿からJR中央線の快速で約20分、三鷹の次の駅、武蔵境から西武多摩川線は分岐しています。
他の西武の路線とは繋がっていない離れ小島な路線です。 (元々成り立ちが違いますからね)

西武多摩川線に乗るのは2回目、 以前に乗ったときは中央線の高架化工事も未だ始まっておらず武蔵境は地上駅で
中央線から多摩川線にはドアtoドア、ノーラッチで乗換えが出来ました。
当時の多摩川線は101系が活躍していました。

蛇足ながら、正式路線名は「多摩川線」で、東急の方が「東急多摩川線」と届出されているそうです。

新宿から20分ほどの所とは思えない、ローカル線と言った雰囲気ですが住宅街の中を走っているので
単線ながら日中ダイヤは12分ヘッド、新小金井と白糸台で交換、本数は多いです。
DSC_8377_convert_20120711180943.jpg
武蔵境に到着後、多摩川線には乗らず次の新小金井まで歩きました。
しかし、この付近は住宅が線路沿いに密集していて良い撮影ポイントはあまり見つかりません。
そこで、新小金井から更に先へ歩いたポイントで撮影したのが上の写真

多摩川線用ホワイトの新101系、四季編成の武蔵境行き

もう少し先へ行くと線路を跨ぐ「いちご橋」という人道橋があります。
DSC_8387_convert_20120711181148.jpg DSC_8395_convert_20120711181341.jpg
是政方面から来た新101系編成を撮影


DSC_8398_convert_20120711181532.jpg
DSC_8403_convert_20120711181723.jpg
今度は新小金井で夏編成と交換した、冬編成是政行き

「いちご橋」での撮影後、次の多磨を目指して歩きます。
DSC_8404_convert_20120711182117.jpg DSC_8405_convert_20120711182258.jpg
途中、物々しい送電線の鉄塔がありここから高圧線鉄塔兼架線柱が続くので離れた所からでも多摩川線の線路の位置がわかります。
四季のラッピングがされていない新101系もいました。

DSC_8408_convert_20120711182447.jpg 
多磨-白糸台間 多摩川線のお隣にもう一つ送電線が通っています。

DSC_8413_convert_20120711182643.jpg 
線路端にて、実は花の中にミツバチがいます。

DSC_8415_convert_20120711182823.jpg ここは多摩川線が甲州街道をアンダークロスする辺りです。

多摩川線の中枢、白糸台に到着。
DSC_8421_convert_20120711183010.jpg 
島式ホームに、こじんまりとした白糸台車両基地。車庫には編成がお休み中という事で編成がこの日はいませんでした。
検査等で、本線の方に行ってるのでしょう。背景の空の鉄塔が賑やかです!

白糸台を過ぎると京王線をアンダークロスします。
DSC_8425_convert_20120711183208.jpg 
京王線をアンダークロスした先の踏切で

DSC_8430_convert_20120711183422.jpg 
東京都内ですよ!

DSC_8431_convert_20120711183630.jpg 上の写真の踏切から撮影
DSC_8435_convert_20120711183820.jpg 
振り向いて後姿も・・・この踏切の脇にある坂道は「蝮坂」というそうで、昔はマムシが多かったのかな?

DSC_8439_convert_20120711184003.jpg 
高圧線鉄塔兼架線柱はここまで。右手に変電所があります。多摩川線と並行して来たもう一つの高圧線は
JRの送電線だそうです。

DSC_8448_convert_20120711184155.jpg 
是政行き編成を撮影して、白糸台へ戻ります。

最初は、是政まで歩き通すつもりだったのですが、予想以上に時間をかけてしまったため
白糸台-是政間は電車に乗って行く事にしました。

是政からは、徒歩で府中街道、多摩川を渡ってJR南武線の南多摩に向かいます。

DSC_8456_convert_20120711184335.jpg 多摩川に架かる是政橋、向かって右の上流側には

DSC_8457_convert_20120711184517.jpg
DSC_8460_convert_20120711184724.jpg 
南武線の鉄橋が見えます。
逆光ですが、鉄橋を渡る南武線205系
南多摩から川崎に出て、帰って来たのでした。

多摩川線は全長8kmのミニ路線
現在は、ホワイトの新101系しかいませんが沿線にはまだ長閑な風景が残っていてチョッとお出かけするには最適な路線ですね。

次回は、白糸台-是政間を歩いてみたいですね!・・・と云っても間にある駅は競艇場前だけなんですが!

今回はこれにて、
お粗末さまでした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

爺鉄は、是政線と言ってしまいます。
中央線の線増計画に関連して、直通運転するという話か出た事がありました。

門形鉄塔

つい、この間まで、この線、『是政線』と思っておりました。白色の電車ってのも珍しいのではないでしょうか?あんまり白いと、私の場合、快晴のときなんか露出が上手く出来ません。それはともかく、私は、幼い頃から池上線の線路脇で遊んで育ったもので、『門形鉄塔』にヨワイのです。そんなわけで、多摩川線、好きです。
多磨駅は、昔は多磨墓地前と言ったのですが、何時の間にか変わっておりました。そんな多磨墓地に年に二回は行っており、その折に電車撮影もやっているというわけです。
全部同じ形式で揃っているのは単調ではありますが、ある種の美しさを感じますね。

コメントありがとうございます

■Cedar様

コメントありがとうございます。
Wikipediaの記述によると路線名は多摩鉄道が旧西武鉄道に合併後、多摩線→是政線→武蔵境線→多摩川線
と変遷したとあります。

中央線直通計画のお話は初耳です。でも4両編成の電車が日中でも1時間当たり20本近い電車が走る中央線に
線増がされても乗り入れるのは無理があるだろうと思ってしまいます。

Re: 門形鉄塔

■むーさん様

コメントありがとうございます。
むーさん様もブログで何度か記事にされてらっしゃいますね。仰るとおり白単色の電車は珍しいと思います。
しかし、客用ドアや前面の飾り帯のステンレス地と前面窓まわりの黒で救われているのだと個人的には感じています。
確かに快晴時に白い車両の撮影はオートでは難しいですね。

「多磨駅」は東京外語大が移転してきた時に「東京外国語大学前」と改称しようとしたら、周辺の墓石業者の猛反対にあって実現せず、その後病院が移転してきたために「墓地前」を外したそうです。
「白糸台」も、「北多磨」だったものが「多磨駅の南にある」ということになってしまうので合わせて改称したそうです。

門形鉄塔は、新小金井-多磨間と白糸台-競艇場前間の区間ですが単線の門形鉄塔は特に珍しいのではないかと思いました。

運用も12分ヘッドでは3編成が運用に入り1編成予備車、検査等を考慮してもう1編成の5本でまかなえてしまうミニ路線ですから1形式で間に合ってしまうのでしょう。

ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる