スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年伊勢・関西旅行その2

前回から始まりました2010年伊勢・関西旅行シリーズ
今回は1日目の後半の思い出を綴っていきたいと思います。

北勢線で楚原まで来て、その先で北勢線の電車を撮影した後、炎天下のなか三岐線三里駅までトボトボ歩いてきました。

三里駅から西藤原行きに乗って1駅、貴生川駅 丹生川駅で降り線路沿いに少し戻ります。

※駅名を誤表記しておりました(汗) 貴生川駅は滋賀県のJR草津線と近江鉄道と信楽高原鐵道の駅でしたね。
伊豆之国様、ご指摘ありがとうございました。
近江鉄道も未だ乗ったことが無いので行きたいな・・・


DSC_7587_convert_20120809164152.jpg
そこへやって来た旧西武701系の801系 西藤原行き

三岐線の写真は以前にもアップしたものですが今回改めてご覧いただきたいと思います。
DSC_7596_convert_20120809164227.jpg 
近鉄富田行きは旧西武401系の101系 西武新101系も来たので少々紛らわしいですね。

DSC_7610_convert_20120809164305.jpg
今度は、電車とは異なる音が響いてきて...姿を現したのは... 貨物列車です。
三岐鉄道に来たら貨物列車はやはり押さえておきたいですね!!
先頭のED459は旧東武ED5060ですっかり三岐仕様になってますね。

DSC_7626_convert_20120809164329.jpg
山から下りて来た貨物列車は貨車1両、でも機関車は重連です。今度は2台とも三岐オリジナル車です。

DSC_7636_convert_20120809164404.jpg 
電車の最新型751系。見ての通り旧西武新101系、行先表示のみLED化されています。三重の地でお会いするとは・・・(笑)
先日、まだ西武で活躍中の仲間に乗ってきたばかりですけど。

貨物列車に旅客列車も撮影できたのでそろそろ引き上げです。日差しを遮る物が何も無いので撮影には向いていますが体力的にはキツイ!!

DSC_7652_convert_20120809164517.jpg
貴生川駅から再び電車に乗り込んで伊勢治田駅へ・・・側線には廃車になった機関車、電車、貨車が並んでいました。

DSC_7653_convert_20120809164532.jpg
色褪せてますがどこかで見た機関車ですね・・・

伊勢治田駅から徒歩で阿下喜へ・・・やっぱり暑さでしんどかったです~ぅ。
2005年に訪れた際には、阿下喜-伊勢治田間をバスが走っていたのですが・・・無くなっていました。

阿下喜駅のそばに「阿下喜温泉あじさいの里」という施設がありそこで一風呂浴びることにしました。
(北勢線に入浴券と往復切符がセットになった割引切符があります)
DSC_7656_convert_20120809164557.jpg
その後、阿下喜駅構内で当時復元工事中のモニ220形226号を見学。実車を初めて見ましたが本当に小さいですね。
今は復元工事も終わり、綺麗な姿が見られるのは皆様ご承知の通り・・・復元工事終了後の姿はまだ実際に見ていないのでまた行きたいなぁと思っています。

DSC_7659_convert_20120809164623.jpg阿下喜から西桑名へ向かいます。
復路は200系に乗車できました。運転士さんが女性で指導の職員さんが添乗していました。

桑名から再び近鉄名古屋線に乗車。
DSC_7664_convert_20120809164653.jpg
やって来た急行伊勢中川行きは1200系1211F・・・先頭車+中間車の2両ユニットで登場し2430系と4両編成を組んで前後でお顔が異なります。
1200系は2編成のみの存在とか。 桑名から四日市までレアな?電車に乗れました。

DSC_7672_convert_20120809164737.jpg
続けて特急 鳥羽行きが来ました。でも、これに乗るのではありません。

DSC_7673_convert_20120809164759.jpg 
四日市から出るもう一つのナロー路線、内部・八王子線に乗ります。
日も暮れ、ホテルのチェックインの時間もあったので今回は内部までの1往復です。
内部駅だけ周囲から取り残されたような感じでした。北勢線とは違って住宅地の中を走ります。
DSC_7678_convert_20120809164845.jpg駅に隣接して小さな車庫があります。

内部・八王子線の電車はカラフルな広告塗装ばかりになってしまいオリジナル塗装の編成はいなくなってしまいました。
DSC_7676_convert_20120809164818.jpg

DSC_7679_convert_20120809164916.jpg
ホームがギリギリで広角レンズでいっぱいに引いてやっと入りました。
そして内部から四日市に戻ると完全に日が暮れました。

四日市から湯の山線に乗り換えて、今日は湯の山温泉のホテルで1泊です。

素泊まりで予約したので湯の山温泉駅前で食事しようと思っていたのですが駅前には食堂どころか商店、コンビニも無く真っ暗!!
四日市で済ませれば良かった~!! と後悔しつつ所々点いている外灯を辿って10分ほど歩いてホテルにチェックイン。
まぁ、暑さで食欲も無いので良いかとも思いつつ、ホテルの売店で買った菓子パンで済ませ温泉につかって早々と就寝です。

2日目はお伊勢参りをしてからいよいよ関西に入りますが今回はここまで。
お粗末さまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

初めてコメントさせていただきます。
東京生まれの東京育ちですが、む~さん様、Cedar様のブログを初め、他の鉄ネタ・地理ネタサイトでも名乗っている、親父の故郷(静岡県西伊豆)にちなんだHNを、こちらでも使わせていただきます。

三岐線・北勢線には、2年前の真夏に訪れています。このときは、近鉄富田から終点の西藤原まで乗り通した後、伊勢治田まで戻り、そこから阿下喜に出て、管理人さんと同じく「阿下喜温泉あじさいの里」で一風呂浴びた後、北勢線で西桑名に戻る、というコースでした。西藤原の駅前には、「ウィステリア鉄道」というミニ鉄道公園があって、保存SLや、休日のみ運行のミニ新幹線などがあるのですが、行かれたのでしょうか? この三岐線では、自転車の車内持込が認められているようで、このときにも通学の生徒が自転車を持ち込んで乗ってきていました。

>2005年に訪れた際には、阿下喜-伊勢治田間をバスが走っていたのですが・・・無くなっていました
2年前に訪れたときには、この区間を結ぶ市営の「福祉バス」というマイクロバスが走っていて、ちょうど伊勢治田の駅を降りるとすぐにバスが来て、お世話にさせていただきました。猛暑の中だったので、まさに「地獄で仏」でした…。いなべ市のHPを見ると、現在でも同様のマイクロパスがいくつかのコースを走っており、本数はいずれも一日数回と少ないのですが、おそらく民営のバスが撤退した後、通院・通学の便を図るために市が運行しているのでしょう。

あと、余計なおせっかいですが、「貴生川駅」とありますが、「丹生川駅」ではないでしょうか?

コメントありがとうございます

■伊豆之国様

はじめまして、当ブログにお越しくださいましてありがとうございます。

ほぼ同じ頃に三岐鉄道を訪問されていたのですね!
阿下喜-伊勢治田のバスは、コミュニティバスがありましたか。気がつきませんでした。
以前はチャンとしたというとおかしいですが路線バスだったもので・・・

>西藤原の駅前には、「ウィステリア鉄道」というミニ鉄道公園があって、保存SLや、休日のみ運行のミニ新幹線などがあるのですが、行かれたのでしょうか? この三岐線では、自転車の車内持込が認められているようで、このときにも通学の生徒が自転車を持ち込んで乗ってきていました。

西藤原には2005年訪問時に行きました。
その時の写真はこちらの記事にアップしてあります。
http://rikyu1243.blog38.fc2.com/blog-entry-74.html

> あと、余計なおせっかいですが、「貴生川駅」とありますが、「丹生川駅」ではないでしょうか?
ご指摘ありがとうございました。訂正いたしました。

自己満足なブログですが今後もお楽しみいただければ幸いです。
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。