子供のころ・・・

皆さま、1週間以上のご無沙汰となってしまいました。

京都旅行以来、年末に向けて慌ただしくなってきたのと、それに伴ってブログのネタになる鉄活動に時間も割けない有り様でして・・


今回は思い出話でお茶をにごしたいと思います(汗)

私事ながら、利きゅうさんはJRより私鉄ファンなんです。
そのすり込み・・・インプリンティングの切っ掛けの一つとなったのが
広田尚敬氏ののりものアルバム100点シリーズです。
たしか、現在も版を重ねてご子息の泉氏と共著で続いていたと思います。
IMG_convert_20121124234523.jpg IMG_0005_convert_20121124234833.jpg
子供のころ読んだ子供向けの鉄道の本は他にも持っていましたがこのシリーズは現在も手元に残っています。
この本の中の電車の写真を見て、名鉄パノラマカーや近鉄ビスタカーなど関東以外の鉄道のことを知り当時の国鉄よりバラエティーに富んだ車両たちに思いを馳せたのでした。

今もページをめくれば懐かしくなってきますが、当時最新型として紹介されている車両たちも半分以上はすでに引退・・・「盛者必衰の理、諸行無常の響あり」などと感慨も覚えます。

『私鉄特急・急行100点』の表紙を飾る小田急LSE7000系もデビュー当時の姿に復活しましたがあと何年活躍してくれるでしょうか?
『大阪・京都・神戸の電車・バス100点』の表紙は国鉄117系、今は西日本各地のローカル用になっています。
新快速用としては既に3代前の車両
因みに私が初めて新快速に乗ったのは既に223系全盛時代です。

IMG_0004_convert_20121124234713.jpg
『東京の電車・バス100点』の表紙なんて山手線の103系ですものね!

本の中では、1980年代前半・・・吊り掛け電車から当時最先端の界磁チョッパ制御車たちの活躍が記録されています。
大人になって子供のころ読んだ本を読み返してみるのも楽しいものですね!

お粗末さまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

利きゅう様は、最近いろいろとお忙しいようですね・・・。

さて、私もどちらかと言うと、私鉄(民鉄)の方が好きです(JRの方が、運賃はエリアによっては安いのですが・・・)。

117系に山手線の103系・・・。
懐かしいですね。

私が子供の頃に購入して、現在も所有している本(保育社の「私鉄の車両シリーズ」(最近、復刻版が発売されていますね))を改めて見てみると、「そういえば、当時はこんな感じだったんだ・・・」と感じます。

ちなみに同シリーズの京阪の本を持っているのですが、撮影が1986年頃で、懐かしさが込み上げてきました。

コメントありがとうございます

■京阪快急3000様

コメントありがとうございます。

私鉄の車両シリーズ・・・ありましたねぇ!
巻末に本文中の写真の撮影地やカメラ等の撮影データが載っていましたが
今でも撮影できるポイントはどれ位残っているでしょうか?

他にも、保育社のカラーブックスやヤマケイの私鉄ハンドブックのシリーズがありました。
今ではプレミアムが付いた本もあるようです。

最近、チョッとブログのネタがガス欠気味です。(汗)
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる