スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三岐鉄道の秋

続いております出張の合間のテツ活動ですが、今回は再び三岐鉄道をご覧いただきたいと思います。

10月10日、四日市から急行で一駅・・・近鉄富田で三岐鉄道三岐線に乗り換えます。
近鉄・三岐の乗り換えはノーラッチ、ホームを挟んでドアtoドアです。

到着した電車は元西武701系の801系3連、保々行き

保々に到着すると、電車は入換えで入庫。

次の西藤原行きが来るまで、駅の近くで近鉄富田行きの列車を撮影することにします。
線路沿いで待っているとやって来たのは元西武N101系の751系

保々へ向かう751系の後を追うように私も駅に戻ります。

保々駅構内の側線には
DSC_3207_convert_20131113204039.jpg 
貨物列車が発車待ち

先頭はED455フライアッシュ輸送列車です。

愛知県碧南市の火力発電所から出た石炭灰(フライアッシュ)を衣浦臨海鉄道-JR-三岐鉄道ルートで東藤原まで運搬し、セメントの原料として利用され、東藤原からは碧南市の火力発電所で使われる炭酸カルシウムを運搬するというサイクルが出来ているのです。


三岐鉄道の貨物列車は重連です。デッキ付き電気機関車の連結部…渋いデス!


ホームから車庫を望みます。
トラバーサーもあり、地方私鉄の車両基地としては中々の規模ではないでしょうか?
トラバーサーの操作室?が電車と同じカラーなのもご愛嬌(^_^)


西藤原行きは、元西武401系の101系
ラッピング電車でした。

この列車で、西藤原まで乗り通そうと思ったのですが、気が変わって伊勢治田で途中下車。

保々で停車中だったフライアッシュ輸送列車を撮影しようと思い立ったわけです。

どこがいいかな~…と撮影ポイントを探しているうち、踏切の警報器が鳴り始め列車がやって来てしまいました(;^_^A


私の目の前をホキを連ねた列車がゆっくりと通過していきました。


 
蔦?の絡まった転轍機が郷愁を感じさせます・・・

 
以前来たときは、廃車になった車両が留め置かれていましたが今は何も居ない伊勢治田駅構内



西藤原行き列車で一気に終点まで来ました。西藤原まで来たのは2005年以来8年ぶり!!

山間の西藤原駅・・・正直、駅前には「ウィステリア鉄道」というライブスチームの線路が敷かれた鉄道公園以外
商店もありません。

三岐鉄道開業時に製造されたE101形102号

近鉄富田行き列車でとんぼ返りです。
丹生川駅付近で、東藤原発富田行きの貨物列車を撮影しようと思ったからです。

丹生川に到着すると、貨物列車が来ると見当をつけた時間まで30分以上あります。
そこで、開館日ではありませんが、駅に隣接する貨物鉄道博物館の保存車両を見学
 
この2Bテンダー機関車は東武39号・・・さかのぼれば国鉄5650形・・・1898年イギリスシャープ・スチュアート社製
埼玉県宮代町役場前に保存されている東武40号の兄弟?です。


各地から集められた古典貨車たちも興味深い


さて、貨物列車を撮影するため丹生川-三里間へ歩いていきます。

踏切の警報機がなって現れた西藤原行きは101系ラッピング電車。この企業広告のラッピング電車、近鉄でも走ってます。

DSC_3266_convert_20131029003815.jpg 
続いて、反対からやって来た近鉄富田行きは、通常の101系
曇ってはいますが、藤原岳も見えています。

電車の軽やかなモーター音と異なり、ヴーンという低重音なモーターの響きが聞こえてきました。

貨物列車が姿を現しました!!貨車も10両以上連結しているみたいです!!


先頭はED452・・・先ほどフライアッシュを山へ運んだ機関車です。やはり重連は迫力があります!!


貨物列車撮影後、丹生川駅に戻ろうと歩き始めたら背後からまた電気機関車のモーター音が・・・
 
山へ帰る回送列車でした。

この後は、丹生川から一駅乗車して伊勢治田に戻り、いなべ市のコミュニティバスで阿下喜へ向かいます。
因みに、伊勢治田から阿下喜へ向かうバスは平日のみの運行で1日6便でした。


この後は、また北勢線に乗車するのですがそれは次回のお楽しみ…
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

三岐鉄道、良いですねぇ。

機会が出来たら、一度訪問してみたいですね。

コメントありがとうございます

◾︎京阪快急3000様

コメントありがとうございます。
電車の他に貨物列車あり、ナローゲージありで鉄道ファンには見所満載ですね‼︎

一日乗車券1000円で、三岐・北勢両線乗り降り自由というのも嬉しい限りです。
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。