スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢国一之宮

前回の更新から間が空いてしまいました、気がつけば月が変わって12月…師走ですねぇ~。

このところ近鉄ブログといった趣になってきておりますが、今回は鉄道めぐり以外のお話です。

三重といえば「お伊勢さん」、今年は第62回式年遷宮で賑わっておりますが今回訪れたのは・・・
20131125181834da8.jpg 20131125181753ba5.jpg
伊勢国一之宮、椿大神社(つばきおおかみのやしろ)です。
近鉄四日市駅前から三重交通バスに揺られて約1時間・・・
バスは途中、日永から近鉄八王子線に沿って西日野、天白川の流れを見ながら伊勢八王子と廃線跡とルートが重なります。
四日市市から鈴鹿市へ入り山が近づき、茶畑が広がってくると鈴鹿山脈に属す入道ヶ岳の麓に鎮座まします椿大神社に到着。

この路線バスは2時間ヘッドで運行されていて、どうやら1台のバスが往復しているみたいです。
 20131125181711099.jpg
椿大神社に祭られているのは猿田彦大神(さるたひこのかみ)・・・「古事記」や「日本書紀」の日本神話で天照大神の孫にあたる邇邇芸命(ににぎのみこと)が高天原から葦原中国を統治するために天降る場面、いわゆる天孫降臨の段に登場する神様です。
邇邇芸命をはじめとする天津神たち一行のために高天原から葦原中国まで先導した国津神が猿田彦大神で、「道を拓く」ということで「交通安全」や「導き」の神様として信仰され、天狗の原形という説もあるそうです。

猿田彦大神の奥様が、天岩戸神話で有名な天宇受売命(あめのうずめのみこと)
こちらには天宇受売命のお社もあり夫婦でお祭りされています。

その他に意外?な神様がお祀りされています、その神様とは松下幸之助氏・・・氏は生前、この神社を信仰していたということで「松下幸之助社」があります。

今回は鉄道は登場しませんでしたが、たまにはこんな回があってもいいのでは?と思いましたもので。

20131125184347f7b.jpg 
こちら、四日市市のゆるキャラ、「こにゅうどうくん」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。