スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年関西旅行(阪神・山陽編)

続いております2008年関西旅行シリーズ?ですが、今回は2日目(まだ2日目)の模様を綴っていきたいと思います。
前回の記事の最後にも書きました通り、1日目を近鉄に費やし梅田駅近くのホテルに泊まった 利きゅう ですが2日目は阪神・山陽めぐりといきます。
朝食後、阪神梅田から直通特急で一気に高砂まで行きます。←京成高砂ではありません・・・って言うまでもありませんでしたね!失礼!!
「高砂や~、この浦舟に帆を上げて~・・・」
の高砂です。

なぜ、高砂まで来たかといいますと・・・
300系
阪神・山陽めぐりと言いつつ、最初は新幹線の撮影でした。加古川を渡る300系

N700系
今度はN700系

100系こだま
100系こだま

700系ひかりレールスター
東海道では見られない700系ひかりレールスター

そして・・・
500系のぞみ
16両フル編成の500系のぞみ!! この撮影が目的でした!!
利きゅうさんにしては珍しい新幹線撮影、しかも駅間でというのは初めて!!
0系はダイヤと旅の行程の兼ね合いがつかなかったので撮影は出来ませんでした。それがチョッと心残りです。

新幹線撮影後は加古川の堤防を下って山陽電鉄の加古川橋梁に向かいます。
阪神1000系
阪神1000系の直通特急梅田行きが通過します。

山陽3000系
山陽3000系 普通姫路行き

山陽5000系Ⅰ
今度は山陽5000系直通特急姫路行き

山陽3000系アルミ車今度の3000系はアルミボディー車
山陽5000系Ⅲ
山陽5000系も良く見ると、製造年次によって細部が異なります。分かりますか?

山陽3000系Ⅱ
線路をくぐって反対側から

山陽5000系Ⅳ
この鉄橋の更に下流側には1984年まで国鉄高砂線の鉄橋があったんですね。

加古川橋梁での撮影を終え、姫路行き直通特急で飾磨へ向かい山陽電鉄唯一の支線、網干線に乗るのですが写真も撮らず一往復しただけ・・・撮影に良さそうなポイントが見当たらなかったからだったと思います。

再び、飾磨で本線に乗り換え、白浜の宮で途中下車
_DSC8159_convert_20110620193045.jpg
妻鹿(めが)-白浜の宮間のトンネルを通過する山陽電車を撮影します。

_DSC8171_convert_20110620195055.jpg _DSC8186_convert_20110620195237.jpg
トンネルはレンガ造り

_DSC8190_convert_20110620195423.jpg _DSC8195_convert_20110620195535.jpg
阪神8000系のオリジナル車と、リニューアル車

_DSC8200_convert_20110620195617.jpg
白浜の宮から再び電車で移動し、別の駅で撮影したのですが、この写真どこの駅で撮影したか?記憶からスッポリ抜けてしまっていました。(泣)
今回、ブログにアップするに当たって山陽電気鉄道のホームページで調べたところ、的形のようです。

_DSC8207_convert_20110620195731.jpg
阪神1000系・・・なんば線開業後の現在も、直通特急運用はあるのかな?

明石・舞子を通り、須磨浦公園で途中下車。ロープウェイで須磨浦山上遊園に行きました。
須磨山上遊園Ⅰ
展望台から、明石海峡大橋を望みます。

須磨山上遊園Ⅱ
眼下に見える須磨海岸
ここが1000年前、源氏物語の舞台の一つになったんですねぇ。

阪神・山陽編と言いつつも、2日目は山陽電鉄線内で終わってしまいました。(汗)

次回は3日目・・・最終日の模様を綴っていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

山陽と阪神

まさか、新幹線に乗って神戸を過ぎ、明石を過ぎて、阪神電車が見られる時代が来るなんて思いもしませんでした。
阪神さんの最近のカラーは少々・・・と、思っています。チョコレート色とは言いません。でも、あのマルーンとクリームは何処へ行ったのでしょう・・・・赤胴、青胴でも良かったんですが、最近のカラーは未だ馴染めません。特に1000の塗分けは如何なものかと・・・・。
山陽さんの3000、乗った事はありませんが、懐かしい姿です。
大昔に、舞子公園駅で200形を写した暑い日を思い出しています。

Re: 山陽と阪神

■むーさん様

梅田-姫路間の直通運転は神戸高速鉄道建設時から構想はあったようです。
それが実現して直通特急が運行開始したのは1998年、もう13年になるんですね。
三宮-須磨間各駅停車と、神戸高速線内も特急運転の2タイプの列車が設定されています。

阪神の塗装は、ジェットカー5500系からですね。
1000系は、近鉄車とドア位置が異なるので、ドア位置の視認性を考慮したのではないか?と個人的には思っています。

>> 山陽さんの3000、乗った事はありませんが、懐かしい姿です。
山陽3000系を見ると、子供のころから113系の私鉄ヴァージョンだ!!と思っておりました。貫通路に取り付けられた、種別・方向幕は関西独特・・・と言っても山陽の他は神戸電鉄くらいしか思い当たりませんが、特徴ですね。

No title

山陽の鉄橋での写真・・最近の鉄橋はやたらと柵が出来たり、堤防がフェンスで覆われたりで近付くことが難しい場所が多いので、こういう普通のアングルが貴重です。
阪神電車が行くのもすっかり普通の景色になっているようですが、そのうち近鉄特急がこの鉄橋を行くシーンが見られる?

コメントありがとうございます

■Cedar様

コメントありがとうございます。

> 山陽の鉄橋での写真・・最近の鉄橋はやたらと柵が出来たり、堤防がフェンスで覆われたりで近付くことが難しい場所が多いので、こういう普通のアングルが貴重です。
確かにこのような、ガーター橋も、珍しくなってきましたね。近場にこういう鉄橋が有ったかしら・・・と思い返してみると・・・浮かばないですねぇ。

> 阪神電車が行くのもすっかり普通の景色になっているようですが、そのうち近鉄特急がこの鉄橋を行くシーンが見られる?
なんば線開業時に、将来は姫路から近鉄直通の特急を・・・という構想が新聞にも載ったようですが、実現は何時になりますかね!
初詣シーズンにかつての国鉄の参宮快速よろしく、姫路-宇治山田(五十鈴川)直通の急行、山陽電鉄内は特急、阪神・近鉄は快速急行で・・・なんて列車を走らせてもよさそうですが、これは距離的・路線条件的にWC付の大阪線用の車両を充てる必要がありますね。
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。