スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津鉄道

前回の続きです。

野岩鉄道から会津鉄道の区間に入ります。
雪は益々、強くなってきます。途中下車して写真撮影は無理かなと思いつつ電車は終点の会津田島に到着。
DSC_1048_convert_20170324211152.jpg
私は北千住からの乗車でしたが、快速列車は浅草―会津田島間 190.7km 3時間25分の長旅でした。

会津田島は雪が止んでいたので撮影できるかなと思いつつホームで撮影。
電車用ホームの向かい側には会津若松行きのディーゼルカーが停車中。
DSC_1051_convert_20170324211212.jpg
こちらは架線がありません。奥に跨線橋が見えますが凍結で危険なため通行禁止、ホーム間の移動は構内踏切を利用します。

DSC_1052_convert_20170324211228.jpg
ホームに隣接して、車両基地もあります。お座トロ展望列車の姿も見えます。

改札を出ると雲が切れて青空が見え始めました。
DSC_1055_convert_20170324211241.jpg
体育館のような会津田島駅の駅舎。
見づらいかもしれませんが、「祝 東武鉄道新型特急 会津田島駅乗り入れ決定」の垂れ幕が掲げられています。

駅前は、スーパーはやっているが食事処はまだ開店準備中といった時間帯。
雪も止んだので折り返しの電車に乗って沿線で撮影することに
DSC_1056_convert_20170324211254.jpg
改札口には、特急リバティ会津の運行開始までのカウントダウンが・・・

DSC_1063_convert_20170324211420.jpg
往きと同じ列車の折り返しは10:20発、区間快速浅草行き。区間快速は新大平下まで各駅停車です。

会津田島を出発し、会津荒海で下車。ここでは上下列車の交換があります。
対向列車が来る前に、駅近くのポイントまでたどり着かねばなりません。走って間に合ったと思ったのもつかの間、構図を考えたりレンズを交換する間もなく下り列車がやって来てしまいました。
DSC_1070_convert_20170324211444.jpg
雪煙を巻き上げて走る列車。迫力はチョッと弱かった・・・レンズ交換する間がなかったので標準レンズでの撮影。
会津田島-会津高原尾瀬口間は、戦後の開業ですが鉄橋ではなくレトロなコンクリート橋が見られます。

DSC_1071_convert_20170324211459.jpg
私が乗ってきた上り列車も会津荒海を発車、一路浅草を目指します。

さて、次の列車は1時間後・・・雪も降ったり止んだりを繰り返すので駅に戻ることにしました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。