スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武野田線

今回は、東武野田線です。
撮影したのは1997年5月、東武野田線に初めて乗った時の物です。
このときは、大宮-七光台間を乗車しました。

さて、大宮から野田線に乗車し春日部を通り七光台までやって来ました。当時は車庫以外何もない木々に囲まれた長閑な駅でした。
しかし、撮影に向いたポイントは無さそうだと思っておりましたら6050系がやって来たではありませんか!!
IMG_0002_convert_20110802002803.jpg
もちろん、野田線に6050系が来るなんて露にも思っていなかった 利きゅうさん 慌てて撮った1枚です。
種別幕が 団体専用  、方向幕がたびじとなっていて恐らく柏もしくは野田市から日光・鬼怒川方面への臨時列車なのでしょう。

当時はYASHIKA SUPER FX2000という、手動巻上げ式の銀塩一眼レフを使っていたため連写も出来ず、
1列車につき1枚撮影という状況
でしたので6050系はこの1コマのみ。

この電車を撮影後、野田線定番の撮影ポイント・・・川間-南桜井間の江戸川橋梁に向かいます。
南桜井で下車し、線路沿いに江戸川へ・・・堤防を上ると鉄橋が見えてきました。
IMG_0008_convert_20110802002920.jpg
夏草茂る河原から鉄橋を渡る電車を撮影。
形式は・・・と、よくよく見てみると側面の行先表示幕がないので8000系の未更新車のようですね。

IMG_0010_convert_20110802003000.jpg
今度は堤防の上から、この電車は・・・8000系か5000系か・・・番号が読み取れませんでしたorz

IMG_0011_convert_20110802003024.jpg
今度は辛うじて5050系と判別できます。

線路脇に移動
IMG_0012_convert_20110802003153.jpg
もう少し引き寄せたかったところですが・・・オリジナル8000系

IMG_0013_convert_20110802003225.jpg
日が陰ってしまいました。今度は8000系修繕車

IMG_0014_convert_20110802003253.jpg
IMG_0015_convert_20110802003352.jpg 
8000系と5070系・・・パッと見、車体では見分けがつきませんね。側面の行先表示幕の有無くらい・・・その場では、モーター音で一目瞭然だったのですが・・・。

そして撮影を切り上げ春日部へ、すると当時登場したばかりの30000系4両編成+10000系2両編成準急東武動物公園行きが出発して行くところではありませんか!
IMG_0017_convert_20110802003416.jpg
そこで、春日部駅の浅草行きホームの喫茶店で少し遅い昼食を摂りながら折り返しを待つことにしました。
そして、やって来た準急浅草行きに乗車。
曳舟で特急の通過待ちの合間に撮った1枚です。

30000系クハ31401号・・・現在は東上線に転籍し、運転台も撤去され中間車になってしまいましたね
・・・そういえば改番されたのでしょうか? 東上線転籍車は実質10両固定編成になったわけですし・・・。

最後に、私がお世話になっております はーさん様(←リンクを貼らせていただきました) のホームページにて1968年当時の野田線、伊勢崎線の貴重な写真を掲載されていらっしゃいます。
是非、皆さまにもご覧になっていただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

1997年、14年前の野田線にはまだ、5050形はたくさん走っていたのでしょうね。
8000形原型と外観はほとんど変わりませんでしたが、元78形で吊掛け車でしたね。関東の私鉄では、ほぼ最後であったようです。
江戸川の埼玉県側堤防で、吊掛け音を響かせて築堤を登る5050形の音を採ったことがあります。
野田線の6050形は貴重ではないかと思います。最近はほとんど見かけません。
その昔、5700形などの団臨も度々見かけましたが、今は、林間学校などでも、バスの方が便利なのでしょう。
弊ホームページ「東武鉄道野田線、伊勢崎線(1968年)」をリンクして頂き有難うございます。
これは利きゅう様に多くのことをご教示頂き、作り上げたものです。
感謝致したいと思います。

コメントありがとうございます。

■はーさん様

野田線は、その後何回か乗りに行って大宮-柏-船橋間全線を乗り通しましたが、写真撮影をしたのはこの時だけでして5000系列のまともな写真はこれだけという有様です。
当時はまだ写真も本格的には始めておらず乗りに行ったついでに撮影する程度でしたので出来ばえは・・・です(汗)

今年の初めに、名鉄6750系が瀬戸線から引退し大手私鉄の線路上から吊り掛けモーターの電車は姿を消しました。当時は、5000系に乗って「冷房付の吊り掛け電車だ!」とはしゃいでいましたね。

野田線の団体臨時列車、最近は見られませんか・・・東武の団体臨時列車というと私も「たびじ」や「林間学校」のヘッドマークを付けた5700系や8000系を思い浮かべます。(乗ったことも実際に見たこともないのですが・・・)
「たびじ」を見たのもこの時だけですが、これより前に小学生の頃ですが8000系使用の臨時快速(愛称ナシ)には栃木-浅草で乗車したことがあります。

微々たるお手伝いしか出来ず恐縮です。はーさん様の撮影された貴重なお写真、楽しみにさせていただいております。

江戸川の橋梁

 江戸川の橋梁で8000、5000を写したのは何年前だったのでしょう。2002年以前だったのは間違い無いのですが、何時の間にか、5000も居なくなり、8000もデビューの頃の電車が居なくなって、みんなおんなじ電車になってしまいました。
 でも、この橋梁、好きだなあ。夏が終わって、涼しくなったら、写しに行こうと思って居るのです。

 七光台の6050、貴重なショットですね。如何にも長距離電車って感じで、現在の東武だったら、一番好きな電車かも知れません!

Re: 江戸川の橋梁

■むーさん様

コメントありがとうございます。
今年は、野田線開業100周年だそうでヘッドマーク付きの編成が走っているようです。
現在は、8000系修繕車しか走っていない野田線ですが回生ブレーキ使用時の電力を蓄える設備が無いので回生ブレーキ車が入線出来ないという話を聞きましたが如何なんでしょうか。
野田線が8000系最後の牙城?になるのでしょう。

七光台の6050系・・・結果論になってしまいますが、この時最初から江戸川橋梁に行っていれば鉄橋を渡る6050系を撮影できたのになぁ~
6050系も登場して26年足回りは前身の6000系から数えれば47年・・・後継の快速用車両は登場するのでしょうか・・・

回生ブレーキ

野田線に回生付電車が入れないというのは信じられません。
西武秩父線のように本数が少ないところでは、変電所に回生用逆変換器を設けなければならないでしょうが、10分ヘッドに運転している野田線では他の電車が電力を使うので、そんなものは必要ないと
思います。
もっと、運転本数の少ない長野電鉄でも8500は回生制動を効かせております。多分、2100系も回生運転をしているでしょう。
しかし、上田電鉄になると回生は出来ないようで、1000形の回生機能は切っているとのことです。
東武には回生機能付きの電車が野田線に入るほど多くないのでしょう!

Re: 回生ブレーキ

■はーさん様

コメントありがとうございます。
やはり、都市伝説みたいな噂に過ぎなかったのでしょうね。
3000系、5000系、8000系と歴代本線のお古がまわされてくるので新型車が入らない理由にこじつけようと自然発生したのかもしれません。
野田線も、8000系の次はいよいよ10000系の時代でしょうがまだ後10年くらいはかかりそうですよね。
本線に地上線用の新型車が登場しない限りは・・・50000系の6連ヴァージョンとかはいやだなぁ。
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。