スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府都市開発 泉北高速鉄道

前回に引き続き高野下で撮影後、難波に戻るまでのお話をしましょう。

高野下駅ホームの待合室で30分くらい待ったでしょうか・・・やって来た橋本行きは2300系2両編成
橋本到着は連絡する難波行き急行と並列停車だったと記憶しています。

写真を撮る間も無く難波行き急行は出発。車両は東急8000系のソックリさん6200系・・・このまま難波まで直行するつもりだったのですが、ふとある事を思いつき北野田で途中下車。
DSC_8576_convert_20110822012234.jpg
北野田で下車し、難波行きが出て行った後に到着した6200系クハ6736以下8両編成の下り急行橋本行き。
正面の方向幕の急行橋本に続く「高野山連絡」が窮屈ですねぇ。
8連の内訳は6200系2両固定編成×2+6000系4両固定編成のようです。

DSC_8585_convert_20110822012411.jpg
後続の各停が来ました。来たのは、少数派8200系(6両編成×3本在籍)
各停で中百舌鳥まで(急行は通過のため)行きます。

そうです。タイトルの通り中百舌鳥から泉北高速鉄道に寄り道することにしたのです。
和泉中央行きに乗車して、最初に降りたのは「栂・美木多(とが・みきた)」難読駅に入るでしょうね。
駅名に ・ が入る例は他に思い浮かびません。
DSC_8590_convert_20110822012501.jpg
ホームの和泉中央方にスタンバイすると、上り列車が来ました。
ここから見ると、ニュータウンの鉄道だと改めて感じます。

DSC_8603_convert_20110822013420.jpg
勾配を駆け上がって来たのは泉北高速5000系準急難波行き。オデコにでーんと「なんば」の表示が・・・目立ちます。
5000系のデザイン・・・京急2000形に通ずるものがありますね。

DSC_8607_convert_20110822013945.jpg
下り列車が来ました。泉北線内区間運転は南海1000系6連です。

DSC_8608_convert_20110822014026.jpg
和泉中央へ向けて発車していく区間列車の後部4両は広告塗装車でした。
中百舌鳥-和泉中央の表示も苦しいですね。
DSC_8621_convert_20110822014127.jpg
関西は前パンタの電車が多くて良いなぁ・・・

DSC_8634_convert_20110822013721.jpg
続いてやって来た上り列車は100系無き今、泉北高速最古参の3000系。
泉北車は「中もず」と平仮名なんですね・・・
DSC_8646_convert_20110822014251.jpg
和泉中央行きは泉北高速7000系が来ました。
両開きのプラグ式外扉を装備した幌収納式の正面貫通扉は通勤型では珍しいですね。
小田急あたりで走っても違和感無さそう!

さて、もう殆んど日も沈んでしまいましたのでこの7000系の後に来た3000系和泉中央行きで終点まで行きます。
運よく運転室背後のかぶりつきシートに座れました。(笑)

和泉中央でも何本か列車を撮影
DSC_8667_convert_20110822014426.jpg
折り返し中百舌鳥行きの南海8200系(南海車は中百舌鳥と漢字表記)

DSC_8673_convert_20110822014700.jpg
私が乗ってきた3000系が準急難波行きで折り返して行きます。

続いて来たのは・・・
DSC_8688_convert_20110822014919.jpg 
泉北高速最新型7020系・・・5000系に始まるアルミボディー車の塗装は東武8000系などと同じカラーリングですが塗り分けは泉北の方がカッコいいかな・・・

さて、この7020系準急難波行きで今度は寄り道せず難波まで戻ります。
ちなみに南海では準急ではなく「準急行」が正式なようで車内の路線図の停車駅案内や車内放送でも「準急行」と案内していました。(2009年当時)

難波到着後、南海本線の車両も少し撮影しました。
DSC_8701_convert_20110822014958.jpg最新型の8000系 急行 和歌山港行き。
まもなくデビューする新型特急サザン12000系と併結して特急運用にも就くようになるでしょう。

DSC_8702_convert_20110822015040.jpg
お隣には南海本線最古参の7000系各停・・・じゃぁ無くて普通 樽井行き。

そうです!南海本線は「普通」です。間違えちゃいけませんね(笑)

3回に亘ってお付き合いいただきました南海高野線+泉北高速鉄道、いかがだったでしょうか?
お楽しみいただけたなら幸いです。

次回のネタは如何しましょうか・・・次は関西以外で・・・ウ~ン思い浮かびません・・・が、まぁ何とかなるでしょう!
それでは!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

泉北高速鉄道

おかげさまで泉北高速鉄道の風景初めて拝見致しました。
高層アパートの中を貫く鉄道は何かシンガポールの郊外に似ていますね。大阪のにおいは何処かにあるのでしょうか?

Re: 泉北高速鉄道

■はーさん様

コメントありがとうございます。
シンガポールは行ったことがないので分かりませんが、沿線の雰囲気は私の地元の近くでもある港北ニュータウンに似ていると思いました。こちらのほうが、港北より広々している印象はありますが。

大阪の匂いは・・・地理的にはバリバリの泉州ですが、前述のとおり中百舌鳥辺りの雰囲気とはガラッと変わりましたね。

No title

3回に渉る丁寧な南海レポート、楽しませていただきました。
自分はチラッとしか行ってない高野線のすばらしい写真に感動!
泉北高速の電車は関東の雰囲気があります。相鉄あたりに良く似ていますね。

しかし、何回(南海)みても今のブルー系の塗装はいただけませんね、塗り分けもステンレス車にもマッチしていないですし、昔の格調高さがありませんねえ。

コメントありがとうございます

■Cedar様
お楽しみいただけましたら幸いです。

泉北高速は沿線が港北ニュータウンのようだと思いましたが、確かに相鉄いずみ野線の雰囲気に似ているかも知れません。
「和泉中央」と「いずみ中央」
奇しくも、同音の駅もありますし!

> しかし、何回(南海)みても今のブルー系の塗装はいただけませんね、塗り分けもステンレス車にもマッチしていないですし、昔の格調高さがありませんねえ。

南海の現塗装は関空開港に伴ってのもだそうですが・・・近鉄シリーズ21ように新造車のみにして在来車まで波及させなければ良かったのにと思ったりもします。
その中で泉北車の塗装はカッコいいと思いました。
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。