スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲原鉄道

今から13年前の1998年(平成10)時期もちょうど今頃の9月11日~14日、大学の夏休みの後半に新潟→山形と3泊4日で巡る旅行に出かけました。
今回はその初日、蒲原鉄道を訪れた時のお話です。

当時、旅程を計画したメモが出てきまして、メモどおりの行程だったら
上越新幹線あさひ401号で上野06:17発→新潟08:30着、磐越西線に乗り換えて新潟09:32発→五泉09:52着
だったはず・・・この辺は記憶がやや曖昧になってます(汗)

そして最初の目的、蒲原鉄道に乗車します。終点村松で下車後、まず向かったのは・・・
IMG_0002_convert_20110902231149.jpg 
村松城址公園に保存されているモハ11形電車モハ11を見学です。
1930(昭和5)年、日本車両製造東京支店製 全長12mのこじんまりとした電車
前に読んだ本の中では、「東武のデハ7を小型化したような~」と形容されていました。
メーカーが日車ですし、台枠が露出しているのも共通してますね。
パンタグラフが一部破損し、塗装が褪色しているのが惜しまれますが、廃車後10年以上雪国の屋外で展示されていたことを考えれば良いほうなのかもしれません。


さて、村松駅に戻り現役の車両たちを見学します。車庫で作業していた職員の方に許可をいただいて、車両の撮影です。
IMG_0011_convert_20110902231219.jpg 
モハ31形・・・名義上は1923(大正13)年のデ1の改造車となっていますが、1952(昭和27)年 東京電機工業というメーカーが村松車庫に出張して造られた電車 。好ましいスタイルです。

IMG_0013_convert_20110902231242.jpg
そのモハ31と並んで車庫の外に並んでいたのが、蒲原鉄道唯一の電気機関車ED1形

IMG_0014_convert_20110902231302.jpg
1930(昭和5)加茂延長時に、日本車両で製造された機関車です。

本線を挟んだ向かいの側線には
IMG_0022_convert_20110902231321.jpg 
元西武の、武蔵野コンビが仲良く並んでいます。

IMG_0025_convert_20110902231342.jpg 
モハ61・・・1940(昭和15)年 日本鉄道自動車工業製 武蔵野鉄道クハ5855形5856→西武クハ1231形1233を経て1957(昭和37)年、電装され蒲原入り
IMG_0026_convert_20110902231403.jpg
お隣のモハ71は蒲原入線はモハ61より新しいものの製造は1927(昭和2)年 日車製の武蔵野鉄道デハ1320形デハ1322→西武モハ221→モハ215→クハ1211を経て、両運化・再電装を行い1965(昭和40)蒲原入線

IMG_0030_convert_20110902231515.jpg
その武蔵野コンビの後ろには・・・

IMG_0031_convert_20110902231616.jpg
おそらくキハ04のなかで電車に改造されたとは言え一番最後まで現役であったろうクハ10
国鉄キハ41120を1950(昭和25)購入しクハに改造。

IMG_0033_convert_20110902231644.jpg
もうどれも骨董品のような電車たちです。

IMG_0034_convert_20110902231708.jpg
夢中になって撮影していると、モハ41が五泉に向かって出発していきました。
木造車庫の脇に置かれた車輪が雰囲気を醸し出しています。

五泉に戻ってきました。
IMG_0037_convert_20110902232020.jpg
陸橋から出発していくモハ41を撮影。

IMG_0040_convert_20110902232046.jpg
五泉から少し線路沿いを歩いた所で。

IMG_0092_convert_20110902232117.jpg
モハ41の車内。登場時は2ドアクロスシートだったとか・・・。

IMG_0093_convert_20110902232139.jpg
結局、これが最初で最後の蒲原鉄道訪問となりました。

翌年、残念ながら廃線となりましたが平成の時代まで良く残ったと考えるべきかも知れませんね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

蒲原も、地方私鉄では長寿を保った線区でした。昭和55年のGWに訪問したのが最初で最後でした。加茂~村松間も含め全線乗りましたが、寂れまくった印象でした。

コメントありがとうございます

■Cedar様

おおっ、五泉~加茂間全線、ご乗車になったのですか!羨ましい!
書籍の写真で大蒲原辺りを行く電車を見るにつけ、乗ってみたかったなぁと思います。
村松~加茂間廃止時に、廃車となったモハ81やモハ91も見てみたかった・・・。
モハ11の走る姿を見たかった・・・。

ドラえもんがいたらなぁ・・・(笑)

モハ11が動いていた頃

ブログを拝見して、すっかり忘れていましたが、1980年頃、訪れました。又、全線営業していたころで、モハ11が営業運転していたことが改めて、その時の写真を見て分かりました。
高松駅の近くの電車の見えるひなびた温泉宿に泊まりました。
やはり、いつかはホームページに出さねば!と思いました。

Re: モハ11が動いていた頃

■はーさん様
コメントありがとうございます。

> ブログを拝見して、すっかり忘れていましたが、1980年頃、訪れました。又、全線営業していたころで、モハ11が営業運転していたことが改めて、その時の写真を見て分かりました。

やはり、はーさん様も蒲原鉄道を訪問されていらっしゃいましたか!
書籍で、村松-加茂間の山間部を行くモハ11をはじめ単行から小型電車凸凹4両編成までの写真を見ると乗ってみたかったなぁという思いを強くいたします。

> やはり、いつかはホームページに出さねば!と思いました。

ホームページにアップ、楽しみにお待ちしています。
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。