スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ四国へ・・・なんですが・・・

前回のブログで綴った通り、9月16日(金)岡山12:12発快速マリンライナー29号高松行き四国を目指します。
DSC_1682_convert_20110925012017.jpg
マリンライナーは宇野線を南下、妹尾・茶屋町に停車、茶屋町を出発して宇野方面の分岐を左に見ながら続いて児島と停車します。
児島は、JR西日本とJR四国の境界駅。乗務員の交代があります。

岡山出発直後から雨がポツポツと・・・窓にも水滴がつき始め、児島到着時点で本降りに・・・

DSC_1685_convert_20110926210748.jpg DSC_1686_convert_20110926210835.jpg
児島を出発し、トンネルを抜けるといよいよ瀬戸大橋です。瀬戸大橋を渡るのはこれが2回目、でも前回はバスだったので列車で渡るのは初めてです。グリーン車の2階席から、真下の海がよく見えます。
DSC_1688_convert_20110926210909.jpg DSC_1692_convert_20110926210942.jpg
大小様々な島が見える瀬戸内海、返す返すも晴天ならと・・・天候が悔やまれます。(仕方のない事ではあるのですが)
坂出の工場地帯が見えてきました。いよいよ四国に上陸です。
雨は止むどころか勢いを増すばかり、どうしようと考えているうちに列車は
13:05高松に到着

DSC_1694_convert_20110926211019.jpg 
快速マリンライナーの並び

DSC_1695_convert_20110926211101.jpg
お隣のホームではN2000系特急うずしお徳島行きが発車待ち、時間的に13:08高松発の13号だったと思います。

DSC_1697_convert_20110926211150.jpg
DSC_1700_convert_20110926211332.jpg
反対側のお隣では、8000系2両編成の特急いしづち松山行き(多分、17号)と、121系普通琴平行き
その更に奥には113系快速サンポート南風リレーが停車していましたが、撮影する前に発車してしまいました。

改めてマリンライナーを
DSC_1701_convert_20110926211409.jpg 
岡山方2両はJR西日本223系5000番台

DSC_1704_convert_20110926211528.jpg 
高松方3両はJR四国5000系、先頭の5100形はオデコのラインがウルトラマンを私には思い起こさせます。
5100形は2階部がグリーン車、1階部分が指定席車でアコモデーションに若干差異があるそうです。

DSC_1698_convert_20110926211231.jpg DSC_1703_convert_20110926211447.jpg
5100形にはエンブレムも、「桃太郎とイヌ」「桃太郎とキジ」、あと「桃太郎とサル」もあるそうですがこの時は見られませんでした。

さて、写真のサムネイルを拡大していただくとお分かりかと思いますが、雨はどんどん酷くなり持参した折り畳み傘では用を成さないくらいです。

実は、高松到着後すぐに琴電へ行って志度線と長尾線に乗ろうと考えていたのですがこの天気では気力も萎えてきてしまいました。
今日、泊まるホテルに確認したらチェックインは15:00からOKとの事だったので志度線・長尾線訪問はあきらめ
少し時間をつぶしてからホテルにチェックインすることにしました。

高松駅から、高松築港駅へ向かい琴電に乗車、16年ぶりの高松琴平電鉄です。向かったのは仏生山
言わずと知れた、車両基地のある琴電中枢の駅のひとつ。
ホームの上屋のある所から、車庫にいる電車たちを撮影。います!いました!久しぶりに会う元京急の電車たち!!
DSC_1706_convert_20110926211605.jpg 
元京急700形の1200形、元京急600形の1070形

DSC_1708_convert_20110926211703.jpg
こちらにも1070形、現在は平日朝の4両編成の増結用らしいです。

DSC_1710_convert_20110926211746.jpg
場には、編成を解かれた元京王5000の1100形(足回りは京急1000形)

DSC_1711_convert_20110926211826.jpg
DSC_1713_convert_20110926211914.jpg
DSC_1715_convert_20110926211950.jpg
夕方ラッシュに向けてか、側線の車両たちに職員の方々が乗り込みパンタグラフを上げ通電させます。
ドアの開閉、少しの前進・後進を繰り返しているので出庫するかな?と思って様子を見ていたのですがその気配はナシ!

瓦町方面へ戻るため一旦改札の外へ・・・
DSC_1719_convert_20110928233633.jpg
駅舎のすぐ脇まで伸びている、工場への引上げ線にはレトロ電車大正15年製1000形120号のお姿が!

ちなみに、この120号のいる辺りが、昭和16年に不要不急路線として廃止になった塩江温泉鉄道(後に琴平電鉄塩江線)の乗り場だったらしいですね。

雨も酷くなる一方なので、本日はこれで切り上げです。宿の最寄り駅の片原町まで乗車して、そのままホテルにチェックイン・・・正直不完全燃焼でありました。

明日は、天気はどうなるかなぁ?

気になる続きはまた次回!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。