スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトコト、ことでん 琴平線途中下車の旅

 ジェットコースターのような気温の乱高下が続いていおりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 私は、もう回復しておりますが先週末から風邪をひいてしまいました。

さて前回は、琴電琴平駅周辺での撮影の模様をアップしましたが、
今回は琴平線を途中下車しながら瓦町へ戻ったときの様子をご覧いただきたいと思います。
DSC_1796_convert_20110930203215.jpg
 
最初に途中下車したのは羽床駅、田んぼの中の停留所といった雰囲気です。
こんもりとした小高い山が、「あゝ讃岐に来たんだなぁ」と改めて実感させてくれます。このお山は「堤山」というそうです。
 
DSC_1807_convert_20110930203434.jpg 
1080形高松築港行きが発車していきます。琴平では小雨だったのに、眩しい日差しです。

早速、築堤を走る電車が撮影できるので滝宮方面へ歩いて行きます。
DSC_1811_convert_20111003174922.jpg 
琴平行きの電車を待っているとやって来たのは1200形、金刀比羅宮の広告電車「しあわせさんこんぴらさん号」

高松築港行き電車を場所を変えて撮ろうと移動したら目的のポイントに着く前に来ちゃった!!
DSC_1820_convert_20111003175119.jpg 
羽床駅に停車中の1100形、日本の原風景?ですねぇ。これはこれで良かったかも。

本来、撮りたかったポイントに到着。琴平線を跨ぐ陸橋上から俯瞰撮影です。
DSC_1826_convert_20111003175156.jpg 
琴平行き電車が羽床駅を発車しました。やって来たのは・・・。

DSC_1833_convert_20111003175234.jpg 
琴電開業100周年記念ラッピング電車「ことちゃんひやく号」
ことちゃん・ことみちゃんと沿線の名所が描かれています。
*「ひゃく」ではなく「ひやく」です!お間違えない様に!!・・・って書いてる本人が最初間違えました(笑)
 
DSC_1856_convert_20111003175347.jpg 
羽床での撮影はこれくらいにして上り電車を待ちます。やって来たのは先ほど撮影した「しあわせさんこんぴらさん号」

一駅乗って、滝宮でまた途中下車
DSC_1857_convert_20111003175653.jpg 
駅舎は大正15年(1926)開業以来のもので、近代化産業遺産に認定されています。

DSC_1859_convert_20111003175913.jpg 
丸いポストも良いアクセントです。

DSC_1864_convert_20111003180048.jpg 
滝宮は、1番線2番線とも両方向への出発・進入が可能で、交換の無い列車は上下とも1番線に発着

DSC_1865_convert_20111003180235.jpg 
駅舎内、改札にはJR鶴見線で見かけるような簡易IruCa改札機

天気は再び怪しくなり、高松築港行き電車が来た頃にはまた雨が降り出しました。
やって来た電車は、「ことちゃんひやく号」
DSC_1866_convert_20111003180328.jpg 
これが有名?な、「ぞぞー」と讃岐うどんをすする ことちゃん
奥のことみちゃんは天満屋デパートでお買い物でしょうか
DSC_1868_convert_20111003180441.jpg 
土休日、「ことちゃんひやく号」にはことちゃんことみちゃんが乗務しています。

DSC_1869_convert_20111003180522.jpg ことちゃんは高松築港側ことみちゃんは琴電琴平側に乗務していました。ことみちゃんはお隣にお客さんが座っていたのでこの日の写真はありません。

DSC_1870_convert_20111003180645.jpg 
「ことちゃんひやく号」仏生山まで来ました。3回目の途中下車です。

小雨の中、仏生山構内を見渡すと、昨日は見える所に居なかった仏生山のヌシ?が居ました!!
DSC_1880_convert_20111003180748.jpg 
どうぞ撮影して下さいと云わんばかりにお誂え向きな所にいたデカ1、昭和32年(1957)自社今橋工場製。
2008年に更新工事を受けるまで京濱電鉄由来のペックハムの台車を履いていたとか。
いやー、ゲテモノぶりに打ちのめされました!!←褒め言葉ですからね!

デカ1だけではありません。
DSC_1882_convert_20111003181049.jpg 
更に、側線にはレトロ電車5000形500号+1000形120号がスタンバイ
DSC_1884_convert_20111003181344.jpg 
角張った5000形とRのある1000形の違いが分かりますね。因みに、5000形は昭和3年(1928)加藤車輌製

DSC_1886_convert_20111003181435.jpg 
こちらは1000形側から、奥にデカ1の姿も

DSC_1888_convert_20111003181650.jpg 
改札を出て、1000形(1926年製)車齢85年と1100形(1969年製)車齢42年の並びを撮影。
お二人?の年齢差、
43歳!!

DSC_1890_convert_20111003181930.jpg 遠巻きですがデカ1を正面から・・・デカ1の後ろの電車が見えます。運転室の細さが分かります。

途中下車を繰り返しながら瓦町に到着。お昼ごはんは勿論讃岐うどんです。
DSC_1893_convert_20111003182121.jpg 
かけうどんとジャガイモの天ぷら、そして何とズワイガニのかき揚げというのがあったので「これも旅の思い出」とチョイス
美味しかったですよ!!

お昼ごはんも済ませ、琴平線のロケハンも決まりました(何のロケハンだったか、お気づきの方もおられるでしょうがそれは追々)、後半戦は長尾線に乗車します。
DSC_1895_convert_20111003182249.jpg 
瓦町の長尾線ホームにはこんなポスターも!

この後、いよいよ電車に乗り込むのですが
今回はここまで、長尾線乗り歩きの模様は次回に・・・それでは!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ことでん~やはりいいなあ。私でも前後4回ほど行ってると思いますが、それぞれの時代に個性があります。最近はトンとご無沙汰ですが、京急・京王が仲良く走ってるのを見たくなりました。

コメントありがとうございます

■Cedar様

いつも、当ブログにお越しくださりありがとうございます。ブログを始めて半年、アクセスもカウンターを設置してから2000を越えました。まだまだ、皆様のブログやホームページには及びませんが今後ともよろしくお願い申し上げます。

ことでん・・・いいですよねー!旧型電車が健在の頃に行きたかったと改めて思いましたが、如何せん四国は遠いです。
かつてと比べれば、車両のバラエティーは格段に少ないですが楽しい路線に変わりはありません。
路線ごとの塗装も沿線風景にマッチてます。(かつて京王5000が譲渡された頃のエメラルド・クールホワイト・ブラックの3色の塗り分けは・・・でしたけど)
1日乗車券もありますし、現在の琴電もおススメです!!
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。