スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライ鉄(アスロン)関西私鉄めぐり耐久レース1日目 ②

さて、前回はJRに寄り道したお話しをしましたが、今回はその続き・・・再び私鉄めぐりに戻ります。

大山崎から準急梅田行きに乗車して南茨木で下車。大阪モノレールに乗り換えます。
DSC_2549_convert_20111021001208.jpg
 
南茨木ホームから万博記念公園方面を望む。
モノレールの後ろの高架橋は大阪貨物ターミナル線・・・貨物線なのに立派な設備!!(失礼)

大阪モノレールはホームページによると1997年に営業距離世界最長のモノレールとしてギネスブックに登録されたそうです。
知らなかったなぁ!!!


万博記念公園駅が近づいてくると車窓から・・・
DSC_2551_convert_20111021001249.jpg 
太陽の塔が真正面に見えます。
阪急千里線と接続する山田、北大阪急行と接続する千里中央を通過して、終点大阪空港の1つ手前の蛍池でモノレールを降り、阪急宝塚線に乗り換えます。

蛍池から一駅、石橋で箕面線に乗り換えます。石橋到着時点で雲行きが怪しくなってきました。
DSC_2554_convert_20111021001353.jpg 
箕面線も、日中は標識板使用の3000系がのんびりと往復しています。
箕面を出発し、牧落付近でとうとう雨が降り出しました・・・で、雨の中終点箕面に到着。

これで、阪急全線乗車を達成!!

って、強調するほどのことではなかったですね・・・。これで全区間乗車を達成していない関西の大手私鉄は近鉄と南海です。

天気が好ければ、紅葉シーズンではありませんが箕面を散策したいところ。しかし、雨天なのでこのまま引き返します。
DSC_2557_convert_20111021001525.jpg
次に来た3000系、何か副標を掲げていますね。

DSC_2560_convert_20111021001625.jpg 
チャンと、箕面駅ですよ!

DSC_2564_convert_20111021001708.jpg 3000系の運転台
外観は経年を感じさせませんが、制御器など見ると歴史を感じます。マスコンのデッドマン装置も独特!!

DSC_2567_convert_20111021001833.jpg 
速度計はデジタル表示に変わっています。

石橋に戻ると雨は降っておらず、局地的な集中豪雨だったみたい。
今回は本ッ当~~~に天気に振り回されっぱなし(泣)
DSC_2568_convert_20111021002005.jpg 
件の副標を見てみますと川床のPRのようです。箕面市のホームページを見たら春・夏・秋に箕面川に川床が設けられるそうです。
で、左側のお顔は?と同じく市のホームページで調べるとご当地キャラクターの滝ノ道ゆずるさん・・
箕面の柚子をPRするオサムライさんだそうです。
箕面は柚子の産地でもあったんですね、知らなかったなぁ!紅葉は知っていたけど!
(他にモミジーヌというご当地キャラもいるそうです)

石橋から宝塚線に乗り換えて宝塚を目指します。
DSC_2571_convert_20111021002041.jpg 
上りホームに到着した9000系普通梅田行き。

私は下り急行宝塚行きに乗車、急行といっても豊中から先は各駅停車なので普通と変わりません。
DSC_2575_convert_20111021002137.jpg 
宝塚に到着。乗ってきた7000系、表示はもう急行梅田行きに変わっています。
宝塚は2面4線のホームで宝塚線と今津線が1面ずつなんですが、日中は宝塚線・今津線を1面に1線ずつとして
ドアtoドアの乗り換えが可能。

宝塚で降りて武庫川を渡る今津線を撮影
DSC_2583_convert_20111021002222.jpg 
宝塚大劇場と阪急電車!!
宝塚の町は武庫川を挟んで雰囲気が変わります。片や住宅地、片や温泉街・・・でも、どちらもセレブな雰囲気ザマスヨ。
DSC_2599_convert_20111021002344.jpg 
今津線にもチョコレートパフェタイプの7000系が入線しているんですねぇ!

DSC_2609_convert_20111021002525.jpg 
阪急宝塚駅カメラのフレームに収まりません(笑)
日頃、お世話になっている鉄道趣味の大先輩むーさん様が昭和29年(1954)、57年前の宝塚駅構内を撮影されていらっしゃいます。

 http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link173-01.html(むーさん様、恐縮です。リンクを貼らせていただきました。)
当時の写真と比較すると何処にホームや線路を拡張する余地があったのかと不思議でなりません。

さて、宝塚からはJR福知山線(アーバンネットワークでは宝塚線)に乗り換えます。
DSC_2610_convert_20111021002614.jpg 
223系6000番台、丹波路快速 篠山口行き。これに乗車します。

六甲山地をトンネルでショートカットして三田に到着。そう!ここで神戸電鉄に乗り換えです。
DSC_2619_convert_20111021002712.jpg 
停車中は2000系普通 公園都市線ウッディタウン中央行き
公園都市線はまだ乗ったことがないのですが今回はパス。新開地行きに乗車します。
DSC_2621_convert_20111021002825.jpg 
神鉄道場で下車。ここは以前にも来た事がある場所です。横山方面へ線路沿いを戻ります。

DSC_2627_convert_20111021003208.jpg
神鉄道場-横山間で三田線の電車を撮影。ウルトラマン電車3000系(去年も乗りました)

DSC_2647_convert_20111021003349.jpg
1100系も4両編成。

神鉄道場から再び三田線に乗車して鈴蘭台を目指します。途中、谷上では北神急行7000系が停車しているのが見えました。
鈴蘭台で粟生線に乗り換えます。
本当は粟生線で粟生まで行きJR加古川線経由で姫路に出て山陽電鉄・・・と行きたかったのですが、
日没・ホテルのチェックインの時間を考えるとどうやらタイムリミットです。
粟生線、藍那で山道を行く電車を撮影し鈴蘭台に戻ることにしました。
DSC_2670_convert_20111021003544.jpg
DSC_2675_convert_20111021003639.jpg 
山間の小駅に停車する粟生線の電車。これは小野行き。

DSC_2679_convert_20111021003728.jpg 
駅の掲示板にはいろいろなクーポンが付いたキップの案内が・・・

粟生まで行けなかったのは残念ですが、悪いことばかりでもありませんでした。鈴蘭台に戻ると
DSC_2682_convert_20111021004004.jpg 引上線に神戸電鉄最新型6000系の姿が!
DSC_2687_convert_20111021004116.jpg 
6000系を実際に見るのは初めて!!少し待てば出庫する気配だったので、6000系に乗って新開地へ向かうことにします。

DSC_2691_convert_20111021004212.jpg 
運転室には、粟生線のキャラクターしんちゃんがいます。

DSC_2693_convert_20111021004416.jpg 
粟生線活性化協議会のヘッドマーク しんちゃんが乗っかっている電車キャラがてつくんだそうです。
6000系の車内ディスプレイでは粟生線沿線の観光PRが流れていました。
次回は、粟生線で粟生へ行って北条鉄道に乗るのもいいなぁ~。

新開地から三宮へ、コインロッカーに預けていた荷物を取り出して阪神三宮
DSC_2695_convert_20111021004618.jpg 
快速急行奈良行きで上本町へ向かいます。阪神三宮は現在改良工事中・・・現在海側の折り返し用ホームを中線にして
2面3線とし、折り返し列車が下り本線と干渉しなくなります。

快速急行奈良行きが地上に出るともう辺りは真っ暗。尼崎に到着すると前に4両増結し10両編成となります。
なんば線は幌も繋げるので増結作業に時間がかかります。4人くらいの駅員さん方が5分ほどかかって連結作業は終了。

この快速急行は尼崎-西九条間ノンストップの速達タイプ、地下区間に入って大阪上本町に到着。

大阪は折畳み傘では用を成さないくらいの土砂降りで、駅のそばのホテルにチェックイン。 駅近くのホテルでよかったぁ !

こうして、関西1日目は終了したのでした。
最後にもう1枚
DSC_2701_convert_20111021004743.jpg
9月19日は祝日だったので阪神電車の車内には日の丸が 。

次回は関西私鉄めぐり耐久レース2日目です。台風も日本列島直撃確実の中どんな波乱が起きるのか!
それでは!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

効率よく関西私鉄を回られましたね!
私は神鉄の奥のほうには行ったことがありません。粟生線など廃止のうわさもありますね。

コメントありがとうございます

■Cedar様
効率よく回れたか・・・今もって?ではありますが。(笑)
まぁ、一人旅だからこんな無茶もできる訳でして、家族や友人と一緒だったらこんな旅行絶対にできませんね!!
宝塚→福知山線→三田→神戸電鉄ルートで回ったのは今回で2回目でした。

私、神戸電鉄は公園都市線以外の全区間は既に走破しています。
粟生線は次回は是非、粟生まで乗りたいものだと思っております。粟生も正直大きな町ではないので神戸電鉄も苦しいところでしょうが頑張っていただきたいものです。

ブログにも記した通り、北条鉄道・JR加古川線と合わせて行きたいですね!!
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。