スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北勢線と三岐線

前回は、2010年9月に訪問した三岐鉄道三岐線の写真をアップしました。

今回は私が初めて三岐鉄道を訪れた、2005年8月の写真をアップしていきたいと思います。

2005年8月15日、東海道新幹線で新横浜から名古屋へ、名古屋から近鉄名古屋線の急行で桑名に到着。
桑名駅改札を出て、西桑名駅へ向かいます。北勢線は既に近鉄から三岐鉄道へ経営が移管されており、駅の統廃合によるスピードアップなど活性化が進められていた頃です。

P1020352_convert_20111210135027.jpg
西桑名で発車待ちの楚原行き、観光用ではないナローゲージの鉄道に乗るのはこれが初めてでした。
楚原行き電車に乗り込みます。
P1020355_convert_20111210135102.jpg 
車内には団扇が常備されていました。当時はまだ冷房化も行われておらず「長閑だなぁ」と思ったのです。
2010年訪問時も、一部の編成は構造の制約で冷房化はされていませんでした。

西桑名を発車した電車は、喘ぎながらという感じで吊り掛けモーターを唸らせ近鉄名古屋線とJR関西線をオーバークロス、最初の駅馬道に到着します。
P1020359_convert_20111210135151.jpg
馬道で西桑名行きと交換、当時はまだ近鉄塗装車が残っていました。

車窓から沿線の風景を眺めながら・・・と言ってもほぼ全開の窓から入ってくる風と吊り掛けモーターのサウンドと振動で賑やかな車内です・・・終点楚原に到着。
北勢線は阿下喜行きと楚原行きが交互に30分ヘッドの運行
P1020360_convert_20111210135219.jpg
北勢線の電動車は近鉄時代に製造されたモ270形のみで、全車阿下喜方に連結されます。ナローゲージでは大型の全長16m弱、同系のク170形以外の三重交通時代からのトレーラーが余計にこじんまりと見えます。
P1020367_convert_20111210135308.jpgP1020369_convert_20111210135344.jpg
楚原で降りて、阿下喜方面へ線路沿いを歩いて行きます。すると、線路をオバークロスする陸橋がありまして
そこから、西桑名行き電車を俯瞰撮影!

P1020379_convert_20111210135413.jpg
更に進むと周囲が拓けて田んぼが見えてきました。そこへ背後から、阿下喜行き電車が姿を現しました。
やってきたのは、北勢線名物のモ270+200系の4両編成?(でいいのかな?)

初訪問で土地勘も無いので、一旦楚原駅に戻ります。 今度は凸凹編成ですね!
P1020380_convert_20111210135454.jpg
西桑名行き電車に乗って、東員まで・・・旧北大社駅付近で暫し撮影タイム

P1020385_convert_20111210135528.jpg
先ほど阿下喜行へ向かった200系が折り返してきました。

P1020393_convert_20111210135600.jpg
こうして見ると車体とパンタグラフの高さが同じくらいありますね!架線柱も背高ノッポ!

楚原に戻り、北勢線名所の石組みアーチ橋を目指します。
P1020394_convert_20111210135627.jpg
P1020403_convert_20111210135654.jpg
先ほど馬道で交換した近鉄塗装車が来ました。当時、この編成が最後の近鉄塗装車だったと思います。

P1020409_convert_20111210135738.jpg
草が生い茂っていましたが、石組み3連アーチ橋。正式には明智川拱橋というらしいです。この当時は電車の通過時刻の掲示板があったのですが、昨年訪問時には無くなっていました。

そのまま、徒歩で上笹田駅(2006年4月1日廃止)方面へ向かいます。
P1020421_convert_20111210135915.jpg
上笹田-麻生田間で撮影。1M3Tの4両編成、プッシュプルと言えなくもない?
この後、上笹田駅から電車に乗って阿下喜へ向かうのです。

阿下喜駅前から丁度、伊勢治田駅へ向かうバスが停車中だったのでバスに乗って三岐線伊勢治田駅へ。
西藤原行き電車に乗って、終点の西藤原駅まで来ました。
西藤原の保存車輛を見学
P1020428_convert_20111210140045.jpg
元住友大阪セメント伊吹工場専用線の機関車だったED502、大井川鐵道からの借入車で2003年大井川鐵道返却時にED502は引退、保存となったそうです。デッキの手摺の形状が独特。

P1020431_convert_20111210140340.jpg 
E101形102号蒸気機関車、1931(昭和6)年三岐鉄道開業時に汽車製造で製造されたタンク機関車。
軸配置は1C1で動輪が3つなのにEとは此れ如何に?と思うのです。

P1020432_convert_20111210140432.jpg
三岐通運DB25形、関西線八田駅で小野田セメントの貨車入換え用だった車輛。同系列会社ながら三岐線に入線したことは無いそうです。

P1020429_convert_20111210140223.jpg
近鉄冨田行き電車が出発していきます。

P1020433_convert_20111210140504.jpg
次に来た、電車で近鉄冨田へ向かい近鉄名古屋線に乗り換え、四日市に向かいました。そして、四日市で特急に乗り換え大阪へ向かったのです。

ナロー電車に魅せられ、また再訪を!と思ったのですが再訪まで5年かかってしまいました。(汗)

それでは!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。