♪黄色い電車に~赤い帯~♪・・・ん?

今回は裏方さんにご登場いただくことにしました。
京浜急行には、赤い電車のほかに青い電車が2編成、更にその他に黄色い電車がいます。
DSC_7049_convert_20120108205938.jpg 
そう!!電動貨車です。
旅客用ではないのですが、毎週定期的に走っているので走行中の姿を見かけた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
電動貨車には京急唯一のTcクト1形がいましたが2010年に廃車となり、現在はデト11・12形、デト17・18形が在籍しています。

今回は、そんな電動貨車の写真を集めてみました。
_DSC5421_convert_20120108205517.jpg 
2007年5月14日撮影 久里浜工場・文庫検車区から帰ってきたデト12+11
ねぐらの新町検車区までもう一息です。 

DSC_4538_convert_20120108205650.jpg 
2008年2月28日撮影 午前中神奈川新町を出発し金沢文庫・久里浜工場を目指します。無蓋部に資材が積載されている気配はありませんネ。

DSC_4316_convert_20120108205606.jpg 
2010年5月10日撮影 デト11+12は2010年9月出場で改造工事を行っているので入場直前、オリジナルとしては末期の頃です。

そして、改造工事によって
 ①パンタグラフがシングルアームに
 ②抵抗制御から界磁チョッパ制御に(1500形VVVF制御化に伴う派生品)
 ③ヘッドライトが●形から■形に
 ④LEDの列車番号表示機の設置

が行われました。

DSC_9478_convert_20120108210139.jpg 
2010年11月8日撮影 改造後の姿です。のヘッドライトは800形と同タイプ
最早1000形の面影は有蓋部の側面のみと言えますね。 

DSC_9488_convert_20120108210222.jpg 
今日は、何か資材を積んでいるようです。足回りも変わっているのが分かります。

DSC_7046_convert_20120108205738.jpg 
2010年6月28日撮影 紫陽花を見ながら走るデトですがチョッと雰囲気が違います。分かりますか?
有蓋部の側面を見てください!!
扉がありませんねこの車両はデト17+18です。
当時、デト11+12が改造工事で久里工入場中のため施工済みのデト17+18が代走したものと思われます。

神奈川新町-金沢文庫-久里浜工場を1往復する定期列車は新町検車区所属のデト11+12が専らの運用
他の文庫検車区デト15+16、久里浜工場デト17+18は滅多にお目にかかれません。

界磁チョッパ制御の電動貨車・・・しかも無蓋電動貨車・・・総合検測車ではない、純然たる貨車としては破格の高性能車ではないか!と思うのです。
JRの配給電車も見られなくなった昨今、無蓋タイプの電車を見られる貴重な車両だと思うのです。

他社の事業用車両も撮影したいなぁと思いつつも、当たり前のことながらダイヤが分からないので果たせないままでおります。 遭遇してもカメラを持ってない時なんですよねー(溜息)

今回はここまでとさせていただきます。
それでは!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる