春、出会いと別れ①

何か歌のようなタイトルですが、3月25日のお出かけはまさに言葉の通り出会いと別れの両方がありました。
DSC_5687_convert_20120325211018.jpg

まずはお別れからです。
引退直前、訪れても小田急5000形に会えなかった利きゅうさん…矢も楯もたまらずに海老名のイベントへ駆けつけてしまいました(汗)

横浜から相鉄の急行海老名行きに揺られ、途中車窓から星川付近の高架化工事西谷付近の羽沢連絡線工事の状況を眺めたりしている内に到着。
JR海老名側に出て、海老名検車区の会場へ向かいます。
何所も大盛況ですが物販コーナーや車両展示のHiSE、RSEと比べると若干5000形の周りは空いています。

DSC_5477_convert_20120325210651.jpg DSC_5507_convert_20120325210747.jpg

湘南急行 藤沢行きクハ5163新宿行きの表示のクハ5063を撮りまくりました!(笑)

DSC_5545_convert_20120325210822.jpg
DSC_5566_convert_20120325210902.jpg
ロマンスカーの周りは人だかりが出来ていて余り良い写真は撮れませんでした。(必ず人が写りこんでしまうので…)
まぁ、ロマンスカーは引退直前に走っている姿を撮影できたので良いのです(負惜しみ)

DSC_5663_convert_20120325210941.jpg 
私は小田急というと9000形でしたが、やはり5000形も良いですね!
ファインダーを覗き構え、人の姿がファインダーから切れた一瞬、連写モードでシャッター切りっぱなし(笑)
田の字型?の側窓も首都圏だと後はもう東武8000系くらいでしょうか…(JR205系の初期型はまだ京葉線に残っているかな?)

5000形やロマンスカーたちとお別れを済ませた後、物販コーナーで新刊のJTBキャンブックス「小田急ロマンスカー」を1冊購入して会場を後にしたのでした。

まだ、正午を過ぎたばかりだったので以前から行ってみたかった「寺家ふるさと村」に行ってみようと思い立ち柿生まで行ってバスに乗り換えることにしました。

でも、途中相模大野でチョッと寄り道・・・
DSC_5702_convert_20120325211109.jpg DSC_5703_convert_20120325211212.jpg
30000形EXEの「えのしま」「さがみ」の併結シーンを見て、

DSC_5704_convert_20120325211328.jpg
DSC_5708_convert_20120325211441.jpg
下り線はVSE50000形(「スーパーはこね」かな?)が通過して行きます。

DSC_5717_convert_20120325211517.jpg
「さがみ/えのしま」の後に来た特急は、MSE60000形「はこね」

下りもMSEがやって来ました…
DSC_5727_convert_20120325211555.jpg 
「あさぎり/えのしま」の併結列車です。MSE4連の単独列車って今までありませんでしたが、今回のダイヤ改正で土休日に「えのしま」運用が出来ましたね。

再び、各停の乗客となって柿生まで行きバスに乗って寺家ふるさと村に向かいます。
ここで1点気がついたのが、柿生は川崎市なのでバス料金が200円、横浜市内まで跨いで乗車すると210円…寺家町は横浜市内なので市境界の手前のバス停で降りました。

DSC_5745_convert_20120325211725.jpg DSC_5756_convert_20120325211808.jpg
バスを降りて、畑の中の道をのんびり歩きながら…というか少し道に迷ってしまったのですが…寺家ふるさと村に到着しました。

次回は「出会いと別れ」の「出会い」の方をご覧いただきたいと思います。
それでは!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

行かれましたか・・・。

こんばんは。

自分は小田急のHPで見たのですが、先日行われたイベントに行かれたのですね。

やはり、「ロマンスカー2車種」は、すごい人気だったようですね。

さて5000形ですが、1段下降窓の5200形の方が先に引退したのは、5000形が「2段窓」だったからでしょうか?

それから、他のブログでもくどい位発言していますが、関東の車両は、関西に比べて「置き換えのペースが早い」と思うのですが、やはり「輸送力」の違いからでしょうか?

Re: 行かれましたか・・・。

■京阪快急3000様

コメントありがとうございます。
行ってしまいました(笑)
やはり、ロマンスカーということで家族連れが多かったですね。

> さて5000形ですが、1段下降窓の5200形の方が先に引退したのは、5000形が「2段窓」だったからでしょうか?

これは、5200形が便宜上の区分で5000形系列の5200番台という位置づけだったからではないでしょうか?
あくまで私の憶測ですが、5200の方は最後4連に短縮されてしまいましたからよりオリジナルに近い方を最後に残したと思うのです。5200の方がスマートでしたけどね。

> それから、他のブログでもくどい位発言していますが、関東の車両は、関西に比べて「置き換えのペースが早い」と思うのですが、やはり「輸送力」の違いからでしょうか?

これもあくまで私個人の考えと前置きした上で・・・
輸送力の違いは確かにあると思います。それと、減価償却の済んだ直流モータ車をメンテナンスフリーの交流モータのVVVF制御車に早く置き換えてメンテナンスコストを抑えたいという会社の意図があるのではないでしょうか。
会社によって違いはあると思いますが、80年代登場の界磁チョッパ制御車をVVVF制御に換装したという話はあまり聞きませんね。90年代登場の車両では見られますが。
リニューアルの方が高くついてしまったなんて話も聞かれます。(東急7700や京成3500など)

方向幕のLED化やバリアフリー対策のアコモデーションのリニューアルなどは見られますが、徹底的に改造して徹底的に使うより新造した方が安上がり、お客様の心象も良くなると算盤を弾いた結果なのだと思います。
鉄道会社の体力と言う面もありましょうが、どちらが良いとは言えませんよね。
鉄道会社も利益を出さなければなりませんし、利用するお客様第一のサービスを提供しなければなりませんからね。

でも趣味的観点、鉄道ファンとしては未だ活躍できそうな車両が引退するのは残念だなと思っているのも事実です。今や20m4ドア車ばかりとなり18m級車両が払底しつつある首都圏の鉄道では中古車両を地方私鉄へ譲渡と言うのも限られてきそうです。

最後のお別れは・・・

海老名のイベント、行かれましたか・・・・。5000は、やっぱり『電車って感じの電車』ですね。京浜急行なら1000ってところでしょうか。昭和前半の電車のイメージもあって、近代化の匂いもあって素敵な電車でした。
RSEも、HiSEも、まだ使えるのに・・・惜しいなあと思います。RSEの富士急行の噂は如何なったのでしょうね。

Re: 最後のお別れは・・・

■むーさん様

コメントありがとうございます。
ハイ!行ってきてしまいました(笑)
小田急のイベントは9000形引退の時以来でした。

正面中央に貫通扉があって左右対称のデザインが落ち着きますね。東京メトロ6000系に始まる左右非対称のデザインも良いですが。

RSEの富士急譲渡の噂、パタッと止んでしまいましたね・・・交渉が上手くいかなかったのでしょうか?
譲渡先としては最も相応しいと思いますが・・・実現してほしいと、いちファンとして願うばかりです。
ようこそ!!
無料ブログパーツ
プロフィール

利きゅう

Author:利きゅう
神奈川県の片隅に在住の鉄道ファンの端くれです。

ただ今の時刻
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お客さま
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる